ウォーターサーバーを導入するデメリット

近年は個人の家庭においてもウォーターサーバーが進出してきています。

一般家庭でウォーターサーバーが設置されていることが珍しくないですが、ウォーターサーバーを設置することで多くのメリットもあります。

まずは、災害時の備蓄水として備えることができる点です。

近年多発している自然災害が万が一おこれば、断水や停電はいつ起こるか分かりません。

断水となるとトイレも使えないし、飲料水にも困ります。

そんな時に備蓄水としてウォーターサーバーの水が確保できていれば、精神的にも安心です。

他にも、自分で水を購入して運ぶ手間が省けます。

思い水を運ぶ必要がないので、楽になります。

しかしウォーターサーバーを設置することでデメリットもあります。

実際にウォーターサーバーを使用した人に聞いたところ、ウォーターサーバーがあると自然と水を使う量が増えた、という意見が多々あります。

つまり、たくさんあるからと言って、つい使いすぎてしまう傾向があるのです。

別にウォーターサーバーの水でなくても水道水で代用できる事でも、ついウォーターサーバーの水を使う事で、結果として使用量が上がり、毎月支払う水の代金が増えるというデメリットもあるのです。

これは注意が必要です。

ウォーターサーバーの利用シーン

オフィスや公共施設などでウォーターサーバーを見かけることがありますが、冷えた美味しい水をいつでも気軽に飲めるということは非常に便利なものです。

そのため外でウォーターサーバーを使って、家でも導入してみようかと検討される方も多いのですが、家で使用するウォーターサーバーは飲料水だけでなくさらに利用シーンが広がります。

例えばウォーターサーバーを料理に利用している方も多いのですが、弱アルカリ性でミネラル分の少ない水はご飯を炊く水として非常に優れていることが知られています。

普段と全く同じお米と炊飯器であっても、水を変えるだけで驚くほど味が変わることがありますが、毎日お米を炊くという家庭がほとんどなので料理用に最適化されたウォーターサーバーも次々に導入されています。

この他にも、よくコーヒーを飲むという方はコーヒーに適したウォーターサーバー、また赤ちゃんがいる家庭ではミルクを作る用途に適したウォーターサーバーなど、各家庭ごとに最適な利用シーンがあります。

実際に暮らしを想像してみて、ご自身や家族の生活をより便利にする方法としてウォーターサーバーを導入して頂きたいのですが、ぜひ様々な業者や採水地を考慮してお選び下さい。